本文へスキップ

神経回路情報処理研究室は脳のメカニズム解明とその応用に挑戦する研究室です。 Our Goal: the development of brain-inspired intelligent system

研究室紹介About us

神経回路情報処理研究室とは? Welcome to our laboratory

神経回路情報処理研究室は2014年度に知能情報工学科に設立された研究室です。The laboratory has been established since 2014.

研究についてAbout our research (研究内容Research, 研究業績Publications ページへpages)

一般的に想像される脳の研究とは違うかもしれませんが、コンピュータを用いて、脳の計測データの解析とコンピュータシミュレーションを通じて、脳の情報処理の解明とその応用を目指しています。現在は、特に記憶の処理メカニズムの解明を目指す研究と、応用として衛星画像解析の研究に取り組んでいます。

研究室での活動についてAbout our activities (下記をご覧になるか、Plese see below or イベントEvents ページへpage)

研究を進める上で必要な知識や技術を学ぶゼミを行ったり、他の研究室と共同で、研究に必要な技術を学ぶ勉強会を開催しています。また、学内のスポーツイベントに参加するなどして、研究以外にも積極的に活動しています。

研究室での活動を通じてMessage

研究室での活動を通じて、研究室内外の仲間と切磋琢磨して下さい。そして、研究を進めるために必要な知識や技術を身につけるだけでなく、自分の将来の可能性を広げるために、自分に足りないと思う様々なものを身につけて下さい。

メンバーMember

スタッフStaff

佐村 俊和Toshikazu Samura
山口大学 大学院 創成科学研究科 工学系学域 知能情報工学分野 准教授 Associate Professor, Graduate School of Sciences and Technology for Innovation, Yamaguchi Univ.
山口大学 応用衛星リモートセンシング研究センターCenter for Research and Application of Satellite Remote Sensing (CRASS), Yamaguchi Univ.
宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門 衛星利用運用センター 主任研究開発員 Associate Senior Engineer, Satellite Applications and Operations Center(SAOC), Space Technology Directorate I, Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA)
玉川大学脳科学研究所 特別研究員Visiting Researcher, Tamagawa University Brain Science Insutitute
Google Scholar, Research Map

大学院生(博士前期課程)Graduate Students (Mater's program)

大下 輝 Hikaru Oshita
計算機シミュレーション(工学)Computer simulation for Innovation
勝部 寛基 Hiroki Katsube
信号解析(神経科学)Signal processing for Neuroscience
久村 祐輝 Yuki Hisamura
信号解析(神経科学)Signal processing for Neuroscience
勝木 龍太 Ryuta Katsuki
リモートセンシングRemote Sensing
房内 智弘 Tomohiro Fusauchi
計算機シミュレーション(工学)Computer simulation for Innovation

学部生(4年生) Undergraduate Students (Senior)

角屋 将吉 Masayoshi Kadoya
--
藤田 朱里 Akari Fujita
--
三浦 航 Wataru Miura
--
山田島 由佳 Yuka Yamadashima
--

研究環境 Facility

研究室Rooms

神経回路情報処理研究室(教員居室) Staff Room with Meeting Space

教員が在籍する部屋です。
研究室所属の学生は自由に使える研究関連図書を置いています。また、研究などについて議論できるスペースも備えています。


神経回路情報処理研究室1, 2(学生居室) Research Rooms

研究室所属の学生が研究に利用できる部屋です。
各自に机とPCが割り当てられ、研究活動に専念することになります。


研究設備Machines

ワークステーション Workstation etc.

個人に割り当てられるPC以外にも,コンピュータシミュレーションなどで利用することを想定したワークステーションも利用することができます。他にも、議論しやすい環境となるような設備を備えています。


研究活動Research Activities

ゼミSeminar

研究を進める上で必要な知識や技術を学ぶことを目的としています。
指示されたテキストを学ぶだけでなく、自ら研究に必要とされる知識や技術を
考え、自主的に学ぶ姿勢を望んでいます。学んだ内容は定期的に研究室内で
発表してもらいます。


研究対象である脳に関すること、研究を進める上で必要なプログラミングや解析技術などを学ぶゼミを行っています。

H29年度ゼミ・勉強会開催実績
・神経科学ゼミ
・機械学習ゼミ
・プログラミング勉強会(計算機システム工学研究室と合同)

研究Research

研究内容に関係する各自の研究テーマを決め、そのテーマに合った課題を見つけます。
そして、これまでの学んできたことを生かして、その課題を解決してもらいます。

定期的に進捗状況を発表するミーティングを開き、その問題解決に向けた方策について議論をするほか、
研究を進める上で必要な最新の研究成果などについて調査し、発表してもらいます。

また、研究の進捗に応じて、国内外での学会での研究発表や論文誌への投稿を予定しています。


その他の活動Other Activities

スポーツSports

他の研究室の教員と学生と合同でテニスをしたり、ソフトボール大会に参加したりしています。

TOPICSトピックス

2018年06月16日Jun. 16, 2018
脳科学トレーニングコースにおける指導Lecture on spike sorting in a brain science trainig course

2018年06月09日Jun. 9, 2018
ソフトボール大会Inter-laboratory softball tournament

2018年04月26日Apr. 26, 2018
研究室引っ越しLaboratory relocation

神経回路情報処理研究室 Lab. for Neural Circuit Comp.

〒755-8611
山口県宇部市常盤台2−16−1
山口大学工学部知能情報工学科

准教授 佐村 俊和
Toshikazu Samura, PhD

Associate Professor
Tokiwadai 2-16-1, Ube-shi,
Yamaguchi, 755-8611, Japan
Yamaguchi University,

E-mail: